皆さんこんにちは。今回はワクチン接種についてお話します。

ワクチン接種とは、感染症の原因となる病原体に対する免疫ができる体の仕組みを使って、病気に対する免疫をつけるために、ワクチンを接種することとされています。

ワクチンは大きく分けて2種類あり、生ワクチン(ウイルスなどの病原体そのもの)と不活化ワクチン(病原体を構成する物質などをもとに作ったワクチン)があります。みなさんがよく接種していると思いますインフルエンザワクチンは不活化ワクチンに当たります。(ちなみにコロナワクチンはmRNAワクチンであるので、また違ったものになります。)

では、ワクチン接種はなぜ必要なのでしょうか。まずは個人免疫があげられます。これは自分自身の体を病原体から守ることを言います。そして次に集団免疫が挙げられます。これは多くの個人がワクチン接種をすると、免疫を持った集団ができ、集団の中に感染者が出ても流行を抑えることができる集団免疫効果がうまれ、社会を守ることができます。最近のコロナワクチン接種はどちらの効果も期待されているのが分かりますね。コロナワクチンの接種が進み、最近のテレビでは感染者数の大幅な減少が話題となっていますね。これを聞くと皆さんもワクチン接種の必要性についてイメージがわきやすいのではないでしょうか。

ただ、ワクチンを接種すれば必ずその病原体に感染しないわけではありません。個人(宿主)の健康状態や免疫力の状態によっても異なります。また体質によって免疫がつきにくい人もいるそうです。インフルエンザは流行すると予想される型を毎年予測して製造するため、もし外れたら残念ながらあまり効果がないということになりますね。また、ワクチンには副反応もあります。これもコロナワクチン接種で話題になりました。ワクチンが体に合わないと、発熱や頭痛を生じたり、アレルギーやひどいとアナフィラキシー症状を起こします。このことからワクチン接種を迷ったり躊躇されたりする方もいるでしょう。しかし、接種しなかった人と比べ、接種した人は、仮に感染し発症したとしても症状を軽くすませることができます。特に高齢者や基礎疾患のある方は重症化しやすいとされているのでワクチンを接種は有意義といえますね。

当院ではインフルエンザワクチンをはじめ、各種ワクチン接種の予約を受け付けております。インフルエンザ以外のワクチンは原則取り寄せとなりますので、一度当院へお問い合わせください。よろしくお願い致します。

 


愛知県名古屋市中村区本陣通2-19
内科 内視鏡内科 糖尿病内科 整形外科
ヴェルヴァーレ本陣クリニック
院長 荻野仁志