ブログ

blog

喘息発作を起こさないためにまずするべきこと、吸入ステロイド。

・喘息ってどんな病気?

アレルギーによる炎症のために空気の通り道である気道が狭くなる病気です。発作的に息苦しくなったり、ゼーゼーしたり、咳が続いたりします。子供の病気のイメージがある人もいるかもしれませんがそんなことありません。実は大人になってから初めて喘息になる人の方が多いです。

・どうやって調べるの?

まずは問診です。アレルギーの病気があるか、冷たい空気やタバコの煙がきっかけで息苦しくなったことがあるか、運動してて息苦しくなったことはあるか、ゼーゼーが聞こえるかなどですね。これで大体わかります。

・検査は?

問診で微妙な場合は補助的な検査を行います。血液検査、呼吸機能検査、気道を広げる薬に反応するか、吐く息の中の一酸化窒素濃度、痰の検査などですね。これらは必須検査ではありません。あくまで問診と合わせての総合的判断です。

・治療は予防薬が大事

昔は発作の時にメプチンのような空気の通り道である気道を広げる薬を吸入するのが治療の基本でした。もちろん今でも発作の時にはしますよ。でもそれよりも予防がとても大事です。気道を広げてあげるだけでなく、慢性的な気道の炎症を抑えて発作を起こしにくくすること、これが最も大事なことなのです。

・どうすれば予防できる?

炎症を抑えるステロイド吸入薬です。これが治療の大原則、必須アイテムです。たまにしか発作が起きない人もお願いですから毎日吸入して下さい。発作を減らして肺の機能を維持してくれます。妊娠中でも授乳中でも大丈夫です。他の気道を広げる薬やアレルギーを抑える薬なんかは申し訳ないですけどおまけみたいなもんです。昔は当直してると毎晩喘息発作の人が来たものですが最近はぜんぜんですね。起こされなくなったのでありがたいです。吸入ステロイド様様です。

・発作の時は昔と一緒

発作の時の治療は、昔から変わってません。気道を広げる薬を吸ってもらったり、点滴したり、ステロイドを点滴したり、本気でやばいときはボスミン注射したり、人工呼吸器つけたりですね。そうならないためにも予防をしっかりとお願いします!

・めちゃくちゃ良く効く薬はめちゃくちゃ高い

喘息の薬にも今流行りの生物学的製剤が出てきました。生物学的製剤とはその名の通り生物から作った薬です。生きた細胞を利用して作ってます。じゃあ今までの薬は何?と言われると化学的製剤です。化合物でできています。生物学的製剤は狙ったターゲットをピンポイントで止めたりすることができる薬です。喘息の場合はアレルギーの原因となる物質をターゲットに生物学的製剤が作られています。ですから効果はすごいです。でもめちゃくちゃ高いです。現状薬代だけで月々6万とか8万とか18万とかしてしまいます。効き目は保証しますけど3割負担でもとても高いですよね。早く安くなってほしいものです。

 

愛知県名古屋市中村区本陣通2-19

内科・内視鏡内科・糖尿病内科・整形外科

ヴェルヴァーレ本陣クリニック

院長 荻野仁志