ブログ

blog

大動脈解離で突然死しないための予防

・どんな病気?

大動脈とは心臓から直接つながる血管のことをいいます。人間の体のメインの血管で一番太い血管です。

大阪大学から画像引用

大動脈解離とはその血管の内側に亀裂が入ることにより、そこに血液が流れ込んでしまい、血管が裂けてしまう病気です。

OGスマイルから画像引用

本来血液が流れる部分を真腔、裂けてできたスペースを偽腔と呼びます。

ニューハートワタナベ国際病院から画像引用

・症状は?

胸や背中に突然おこる激しい痛みです。破れると出血性ショックになります。命に関わります。血管が裂ける場所によっては心筋梗塞などさまざまな合併症も引き起こしてしまいます。

・原因は?

ほとんどは動脈硬化が原因となりますので、高血圧・脂質異常・喫煙などがベースにあります。生まれつき血管がもろいマルファン症候群などもあります。

・検査は?

造影剤を使ったCT検査がベストです。造影剤を使うことで血液の流れがあるかないかも判断しやすくなります。造影剤を使わないCT検査でも昔の画像と比較したり、血管の石灰化の位置などで分かることが多いです。レントゲンでは無理ですね。

・治療は?

スタンフォード分類で分けます。

OGスマイルから画像引用

上行大動脈に解離があるスタンフォードA型は外科手術が必要となります。心臓まで裂けてしまい心破裂や心筋梗塞や心臓出血などが合併症で起こるためです。裂けた部分を人工血管と置き換える手術をします。

倉敷中央病院から画像引用

上行大動脈に解離がないスタンフォードB型は血圧と脈拍のコントロールを行うだけで自然治癒が期待できます。ただこちらも破裂した場合や症状改善ない場合は手術を行います。最近はステントと呼ばれる金属の網にカバーがついた筒を、裂けた血管の中で広げることで偽腔への血流を止めるTEVARという治療が行われて良好な成績を示しています。

藤田医科大学から画像引用

 

背中の違和感で自分で歩いて来た患者さんが大動脈解離だったことは何度も経験あります。命に関わる病気ですのでいつもの筋肉痛と決めつけずに違和感があれば気軽に相談してください。当院はCT検査可能です。もちろん動脈硬化予防の運動療法・薬物治療・禁煙は必須ですよ。よろしくお願いします。

 

愛知県名古屋市中村区本陣通2-19

内科・内視鏡内科・糖尿病内科・整形外科

ヴェルヴァーレ本陣クリニック

院長 荻野仁志