ブログ

blog

心不全にならないために今からできること。

・どんな病気?

心臓のポンプとしての機能がダメになってしまう病気です。徐々に悪くなるものから急に悪くなるものまで色々あります。がんが治るようになり、高齢化社会になったため心不全患者さんの数はとても増えています。だれでもなりうる病気です。

・症状は?

息切れ、呼吸苦がメインです。体のむくみがおきる場合もあります。寝転ぶと心臓にかえってくる血流が増えて息苦しいので座ってしまう起座呼吸も有名です。夜間の頻尿が実は心不全の症状だったりもします。気になる方は検査しましょう。

・原因は?

①心臓の筋肉がダメになる

心筋梗塞、心筋症、甲状腺の病気、薬の副作用などで心臓の筋肉がダメになってしまうことがあります。

②機械的にダメになる

高血圧、心臓の弁の異常、肺の病気、心臓の膜の病気などで、心臓に過度な負担がかかってしまい、心臓が耐えられなくなってしまうことがあります。

③電気信号の異常

心房細動や房室ブロックなどの不整脈が続くと規則正しい動きができなくなり心臓が疲れてしまいます。

・検査は?

身体検査、血液検査、心電図検査、心エコー検査をまず行います。その結果、必要に応じてCTMRI、カテーテル検査、心筋シンチグラフィなどを行います。当院では一般的な検査を行い、必要に応じて専門病院に紹介させていただきます。

・治療は?

まずはとにかく運動療法と薬物療法での発症予防が大切です。心不全を発症してしまった場合は既に4段階で3番目に悪いステージCまできています。その先のステージDはガンで言うとステージ4です、末期です。余命年の段階です。ですからいかにステージCやDに悪化させないかが重要です。きちんと血圧や脈拍、血液量をコントロールして、その上で有酸素運動を行い心不全の発症を予防しましょう。

残念ながら発症してしまった場合は急性期治療の対象なので、薬物治療はもちろんのこと、必要に応じてカテーテル治療や人工呼吸器管理、人工心臓補助装置など色々な治療が行われます。

良くなった後も予防がやはり大事ですよ。心不全というのは一時的に悪くなって良くなってを繰り返しつつ、悪化していきます。ですから一度悪化してしまったらその後はしっかりと心臓リハビリを行い、心不全悪化予防に努めましょう。心臓リハビリは残念ながら半年で保険治療が打ち切られてしまうのでメディカルフィットネスで運動療法を続けて下さい。当院は全国的にも珍しいクリニック併設メディカルフィットネスです。1階には私がいますので万が一の際にも安心です。もちろんAEDや緊急ブザーも完備しています。心不全の既往のある方は誰もいない夜中の運動は避けてくださいね。よろしくお願いします。

愛知県名古屋市中村区本陣通2-19

内科・内視鏡内科・糖尿病内科・整形外科

ヴェルヴァーレ本陣クリニック

院長 荻野仁志