ブログ

blog

気分が悪くて震えている?放っておくと命に関わる病気、敗血症はすぐさま治療が必要です。

・どんな病気?

バイ菌が血液の中に入り込んで全身に行き渡ることによって身体中で炎症が起こり色んな臓器がダメになってしまう病気です。内科の代表的な緊急疾患です。重症化すると命に関わる怖い病気です。普通は血液の中に菌が入ってもすぐに免疫がやっつけてくれますが、糖尿病や癌などの持病があったり、ステロイドや免疫抑制剤を飲んでいて免疫力が弱っているとかかりやすいです。でもそうじゃない人も油断しないで!健康な人でも虫歯からバイ菌が血液の中に入って敗血症になることもありすよ。

・どうやって調べるの?

厳密には病気そのものではなくて状態のことなので定義に当てはまるかどうかで判断します。まずは大雑把に①意識がしっかりしているか②普段より呼吸回数が多くないか③血圧が下がっていないか。この3つで判断します。もし当てはまっていたら大変です!すぐに救急病院へ行きましょう。そこで血液検査や呼吸機能検査を行い正確に評価してくれます。

・治療法は?

感染症の治療と全身管理です。救急医や内科医の腕の見せ所ですね。一刻を争う状態なので原因のバイ菌がわかる前から色んなバイ菌に効く抗生剤を使います。あとは血圧管理や呼吸管理などですね。必要であれば透析も行います。炎症を抑えてくれるステロイドは昔はよく使っていましたが今は効果が否定されており使わなくなってますね。また昔は免疫力を上げるために健康な人の献血から作られる免疫グロブリン製剤というものを使っていましたがこちらも効果がないとなっており使わなくなっています。

・期待の新薬リコモジュリン

2008年に発売された薬です。炎症に伴う小さな血の塊ができることを防いでくれて、臓器障害を減らしてくれます。市販後調査では死亡率はわずかに下げるが出血リスクもわずかに増やす結果が出ておりました。今回2020年日本の敗血症ガイドラインでは弱い推奨になったため基本的に使われていくでしょうね。ちなみにお値段6日間で236400円!この薬代だけでですよ!やはり病気は早期発見早期治療、更にその前の予防が大事ですよね。

愛知県名古屋市中村区本陣通2-19

内科・内視鏡内科・糖尿病内科・整形外科

ヴェルヴァーレ本陣クリニック

院長 荻野仁志