ブログ

blog

相談しにくいかもしれませんが早めに相談してください。下の違和感、性感染症。

・まずは症状と見た目をチェック

男性の場合、おしっこの痛みが強く膿が出ていれば淋病、違和感程度ならクラミジアが疑わしいですが、かなり個人差があります。また同時感染も30%ほどあるそうです。女性はどちらも多くは無症状ですので注意が必要です。梅毒は無症状ですがまずは性器に赤いできものができて自然と治り、その後身体に赤いできものがポツポツできます。意識して見ないと皮膚科医でも分かりません。尖圭コンジローマは無症状ですがイボができますね。ヘルペスは痛みを伴う小さな口内炎のようなキズができるのが特徴です。

・どんな病気?

淋病・クラミジア・梅毒は性行為によるバイ菌感染です。尖圭コンジローマとヘルペスはウイルス感染です。一回の性行為で淋病やクラミジア30%50%感染すると言われています。梅毒は30%と言われています。かなり確率高いですよね。気になればまず検査しましょう。症状は当てになりません。

・検査は?

淋菌は分泌物の顕微鏡検査、クラミジアはぬぐい液のPCR検査、梅毒は血液検査、コンジローマはイボをとっての顕微鏡検査、性器ヘルペスは迅速キットで調べることができますよ。症状がなかったり大したことがなくても検査をして初めて分かることがあります。

治療法は?

淋病は耐性菌が多いため今はセフトリアキソンという抗生剤の点滴です。1回だけで大丈夫です。クラミジアはアジスロマイシンという抗生剤内服が第一選択ですが、最近は効かない菌が増えてきたので最近はシタフロキサシンを使う場合もあります。アジスロマイシンは淋病には効かないのでこっそり飲んでもダメですよ。梅毒は日本ではアモキシシリンが第一選択で、ミノサイクリンが第二選択になっています。コンジローマは塗り薬と外科切除を組み合わせます。性器ヘルペスにはウイルスをやっつける薬を使いますがしばしば再発するのが難点です。

・これからは男性も打つべし子宮頸がんワクチン

コンジローマの原因はヒトパピローマウイルスというウイルスです。HPVと略されています。HPV100種類ほどいると言われていますが一部のウイルスがコンジローマの原因になり、違う一部のウイルスが女性の子宮頸がんや咽頭がん、男性の陰茎がんや肛門がんの原因になります。子宮頸がんワクチンとはこのHPVの中でがんの原因になるウイルスに対するワクチンなのです。実際に欧米ではワクチン接種が始まってから子宮頸がんや咽頭がんが減っています。自分の予防にもパートナーの予防にもなります。ぜひ女性はもちろん男性もワクチンを打ちましょう。性行為を経験する前が理想的ですがもちろんそのあとでも意味はあります。日本でもやっと2020年男性にも適応が承認されました。これを契機にワクチンの値段が下がってくれると嬉しいですよね。

愛知県名古屋市中村区本陣通2-19

内科・内視鏡内科・糖尿病内科・整形外科

ヴェルヴァーレ本陣クリニック

院長 荻野仁志