ブログ

blog

BCGうっていても結核にはかかります。怪しい症状があれば早めに検査してきちんと直しましょう。

・どんな病気? 結核菌が肺に感染しておこる病気です。現在の日本でも毎年1万5000人ほどの人がかかっています。免疫力の低下した高齢者が多いですが健康な若い人でもかかりますので注意が必要です。昔は不治の病として恐れられてい…

タバコ肺の悪化を防ぐためには科学的根拠のあるメディカルフィットネスを。もちろん禁煙は大前提。

・タバコ肺って? 肺気腫やCOPD慢性閉塞性肺疾患とも言われますね。タバコを長年吸うことにより空気の通り道である気道に慢性的な炎症が起きてしまいます。そのために気道が狭くなったり、酸素と二酸化炭素の交換が上手くできなくな…

喘息発作を起こさないためにまずするべきこと、吸入ステロイド。

・喘息ってどんな病気? アレルギーによる炎症のために空気の通り道である気道が狭くなる病気です。発作的に息苦しくなったり、ゼーゼーしたり、咳が続いたりします。子供の病気のイメージがある人もいるかもしれませんがそんなことあり…

誤嚥性肺炎を防ぐには医者ではなく歯医者がおすすめの理由。

・どんな病気? 唾液や食べ物が誤って肺に入ってしまい肺炎を引き起こす病気です。超高齢化社会である日本における内科医の強敵のひとつです。 ・なぜおこるの? もちろん年齢的な機能低下は大前提ですが、そもそも誤嚥性肺炎というの…

その咳はただの風邪?長引く咳を早く治すためにする検査治療。

・辛い咳 長引く咳、辛いですよね。おまけに周りから嫌な目で見られてしまうこともあります。特にコロナが流行っている今は視線が気になります。早く治したいですよね。そんな咳についての検査と治療法についてお話しします。 ・急性、…

胃腸かぜにならないためには胃薬をなるべく飲まないようにしましょう。もちろん手洗いは大原則。

・胃腸かぜとは? ウイルスやバイ菌が手や食べ物などに潜んでいて胃腸に入り込んで悪さをする病気です。症状としては下痢・嘔吐・腹痛・発熱がありますが原因にもよりますし個人差もあります。 ・食中毒とは違う? 胃腸かぜの原因のひ…

胃が痛いですか?それは胆管炎・胆嚢炎かも知れません。早めに検査しましょう。

・どんな病気? 胆汁の通り道である胆管にバイ菌が感染して炎症がおきた状態が胆管炎です。同様に胆汁をためておく袋である胆嚢にバイ菌が感染した状態が胆嚢炎です。ほとんどの人は胆石が原因ですが、がんが関係していたり他の原因もあ…

単なる膀胱炎?他の病気が潜んでいないか検査しましょう。

・どんな病気? その名の通りおしっこのバイ菌感染によって膀胱に炎症が起きた状態です。おしっこの痛みや残尿感が特徴です。しばしばおしっこに血が混じることもあります。 ・原因は? 女性はおしっこの出口と膀胱が近いので特別原因…

相談しにくいかもしれませんが早めに相談してください。下の違和感、性感染症。

・まずは症状と見た目をチェック 男性の場合、おしっこの痛みが強く膿が出ていれば淋病、違和感程度ならクラミジアが疑わしいですが、かなり個人差があります。また同時感染も30%ほどあるそうです。女性はどちらも多くは無症状ですの…

抗がん剤治療中の発熱はすぐに診察を受けたほうがいい理由、発熱性好中球減少症。

・抗がん剤治療中の発熱は要注意 抗がん剤治療などの結果、バイ菌をやっつける免疫の主役である好中球が減ってしまい、しかも発熱している状態のことを発熱性好中球減少症と言います。例えば熱中症など通常なら発熱=感染ではないのです…

1 2 3 4 5